愛南町御荘平城や城辺の津波浸水想定区域について 津波がこない住宅用地を探す参考にしてみてください

災害・防災について

愛南町御荘平城や城辺で住宅用地を探すときに、多くのお客様が気にされていることがあります。

それは

  • 南海トラフ地震のときにその土地に津波が来るのか?

ということです。

平成23年3月11日に発生した東北の地震に伴う津波の映像を見て、誰もが津波の恐ろしさを痛感させられたと思います。

その時から多く愛南町民が、自分の住んでいるところに、または住もうとするところに、津波が来るかどうかを意識し始めたと思います。

これから

  • 新築の家を建てる
  • 中古の住宅を購入する

という人は、長い期間そこに住むわけですから、津波の影響を考えざるを得ないでしょう。

特に住宅を探している人が多い城辺や平城は、海や川から近いため、そのことを考えておく必要があります。

津波浸水想定区域がわかる愛南町総合防災マップ

では、その土地に津波が来るのかを知るためにはどうすればいいのか?

そこで参考になるのが

です。

令和4年2月に改定されて、

  • 土砂災害警戒区域
  • 津波浸水想定区域

などが同じページで見れるようになっています。

土砂災害警戒区域についての説明はこちら

不動産屋は

  • 賃貸
  • 売買

の仲介をするときには

  • 借主
  • 買主

に津波浸水想定区域について説明するようになっていますので、そのときには確認してみましょう。

御荘湾では9mの津波が予想されている

愛南町では8m~15mの津波が、地震発生から40分程度で到達すると言われています。

気になる城辺や平城の津波のもとになります

  • 御荘湾では約9mの津波

が予想されています。

この9mの津波はレベル2(L2)での津波で1000年1度の大きな地震での津波を想定しています。

愛南町総合防災マップもこのL2での津波を想定して作られています。

レベル1(L1)の100年に1度の頻繁に起こる津波では、御荘湾には5mの津波が予想されています。

御荘平城と城辺の各商店街周辺の津波浸水想定区域

マップ14(平山、平城、深泥)(3242KB)

実際に総合防災マップを見てみますとサンパールや道の駅御荘MICなどの国道56号線沿いは、ほぼ5~10mの区域に入っています。

5mは2階建て建物の高さに相当しますので、かなり厳しいと言えるでしょう。

マップ15(平城市街地)(3957KB)

国道沿いや平城商店街から城辺の商店街などを見てみますと、御荘中学校辺りから4~5mの地域になり、少しずつ津波の高さが低くなり自動車教習所手前の辺りまでの想定となっています。

平城商店街では平城小学校下辺りまで4~5mの区域が続き、御荘保育所入り口付近で0.3m~1mの想定となっております。

しかし和口川周辺では再び浸水の高さが上がっています。

和口川に沿って津波が上がってくるのでしょうか?

最終的にはフジ南宇和店の手前付近まで想定区域は続いています。

城辺商店街では国道沿いから津波の流入が続き、城辺古町のバス停辺りまで津波が想定されています。

津波の高さはそこまで高くありませんが、津波の力は強く、30cmほどでも足を取られて移動が難しくなると言われますので、十分な注意が必要です。

愛南町総合防災マップをみて土地を選ぶ

このように愛南町総合防災マップを見てみると、人気の平城・城辺地区ですが、平城に関しては津波を考えると、土地を探すのは非常に難しいのがわかると思います。

実際は、当然この想定されているより大きい津波が来る可能性もあります。

また1000年に1度の頻度の津波ですが、明日来るかもしれませんし、自分たちが生きている間には来ないかもしれません。

大切なのは、このような情報を知って土地を選び、備えることです。

防災グッズを購入するなら下のリンクがおすすめ

シリーズ累計販売数60,000セット突破 防災セットSHELTERシリーズ

津波浸水想定区域に建築制限は今のところなし

今のところ津波浸水想定区域は、建築に関する制限はかけられていません。

しかし津波を意識している人が多いので、津波浸水想定区域の土地は価格が下がりやすくなることも考えられます。

いい方面で見れば

  • 津波浸水想定区域の土地は安く買える可能性がある

ともいえます。

津波がくる土地でも

  • 逃げられる場所ならいい

という考え方もあるでしょう。

  • 建物が壊れても地震保険で住宅ローンを返せればいい

という考えもあります。

といっても地震保険は

  • 火災保険金額の30%~50%以内

という制約がありますので、借入金額を考慮する必要があります。

火災保険の比較は下のリンクがおすすめ

火災保険一括見積もり依頼サイト

長い期間住み続ける土地ですので、このへんはよく考えて決めておく必要がありますね。

御荘地区の津波浸水シミュレーション動画

御荘地区の津波浸水シミュレーション動画がありました。

ぜひ参考にしてみてください。

津波浸水想定区域に入っていない売買物件はこちら

土砂災害(特別)警戒区域を知って土地や建物の購入や賃貸でのトラブルを防ごう!

愛南町御荘平城での高潮浸水想定区域を確認して住宅地の購入候補を考える その土地は台風の時高潮被害に合う可能性がないですか?

タイトルとURLをコピーしました